債務整理と自己破産

債務整理と自己破産について解説していきます。

カテゴリー: 未分類

手続きの仕方

借金に苦しんでいる人が借金の返済を少しでも楽にする一つの方法が債務処理です。債務処理には4つの方法があります。

一つ目は過払い金の返還請求です。払い過ぎた利息分のお金が戻ってくるという方法で最近テレビのCMなどでもよく耳にします。

二つ目は、任意整理です。貸金業者と話し合いを行い、過払い金や利息上限法を適応させて借金の減額をするという方法です。

三つ目は個人再生です。住宅ローン以外の借金の総額を大幅に減額する事ができます。自宅や車などの財産を手放すことなく、借金の減額を行う事が出来ます。

そして最後の方法が自己破産です。家や車など20万以上の財産価値があるものは全て処分されて、借金の免除が可能になります。ただし例外として借金の借り入れの際に連帯保証人がいた場合、自己破産で免除になった借金が連帯保証人に対して請求されることになります。そのため自己破産の手続きを売る際にはもう一度書類の確認をしてから行いましょう。

これらの手続きに関して個人で行うのは難しいです。弁護士に委託して裁判所や貸金融業者との間で手続きを開始します。最も手続きとして時間が掛かり難しいのが個人再生です。どの方法でも弁護士に依頼した時点で、一定の費用が発生します。そのため自己破産をするにもお金が必要になります。

自己破産とは

借金の返済に毎日苦しんでいる人が増え続けています。借金をしている人の多くは多重債務者で、いくつもの消費者金融から借り入れを行っています。借り入れした分の返済のために他の消費者金融から借り入れをするのを繰り返していく為、どんどん借金の返済が増えていきます。最終的には毎月の支払いができなくなり、滞ってしまいます。そこで借金の返済苦から逃れる方法として、債務処理という方法があります。

債務処理の基本は借金の総額を減額して、返済計画を見直すための者です。しかし自己破産という方法だけは、借金の返済を全てなくすことができる唯一の方法です。自己破産では財産となる住宅、車など全てを放棄する代わりに借金を全て免除にしてくれます。その代わり自己破産の手続きをしてしまうと、金融機関のブラックリストに載る事になります。その場合自己破産してから5年から10年の期間は銀行からの借り入れが一切できなくなります。

その他にも就職先の制限やクレジットカードが発行できない、新規で携帯の申し込みができない等、日常生活で弊害が生じます。抱えている借金が無くなるメリットばかりが先行してしまい、その後の生活の自由が奪われてしまうという事を理解しておかなければいけません。自己破産は借金返済のための最終方法だと思っておきましょう。

債務整理とは

昔は自営業や会社経営者が借金をして返済に困っているというイメージでしたが、最近では一般家庭で借金を抱え込んでしまう人が増えています。借金というとサラリーマンが主な対象になっていたサラ金の時代や専業主婦や自営業者を対象に借り入れをしている消費者金融など様々な歴史があります。そして今では、金利の上限が法的に定まったことで、より一般家庭で借り入れがしやすくなっています。これによって今多くの人が借金の返済に悩まされています。借金の返済に困っている人の共通点は多重債務です。何社も同時に借り入れする事で返済計画が立てにくく、どのように返済されているのかわからなくなっている人が多いです。返済日や返済額、借入残高が明確になっていない為、常に返済に追われる日々を送っています。

そんな借金の返済に困っている人にとって、債務整理という方法があります。債務整理には選択肢がいくつかあり、借金の返済を軽減する事ができます。借金の返済額を交渉によって減額する方法が任意整理という方法です。上限以上の利息の支払いを免除する事で、元本の返済に充てる事ができます。次に民事再生という方法は住宅ローン以外の借金に関して大幅な借金減額できる方法です。

固定の収入があり3年間一定の額を返済することで借金が全てなくなります。三つ目は自己破産です。自己所有しているすべての財産を手放すことで借金を全て帳消しにする方法です。最後は過払い金の請求です。過去の借金の支払いの中で上限利息よりも多くの返済をしている人が過払い金を請求する事ができるという方法です。自分が望む借金整理の方法はどれか判断して決めましょう。