債務整理と自己破産

債務整理と自己破産について解説していきます。

月別: 2017年2月

手続きの仕方

借金に苦しんでいる人が借金の返済を少しでも楽にする一つの方法が債務処理です。債務処理には4つの方法があります。

一つ目は過払い金の返還請求です。払い過ぎた利息分のお金が戻ってくるという方法で最近テレビのCMなどでもよく耳にします。

二つ目は、任意整理です。貸金業者と話し合いを行い、過払い金や利息上限法を適応させて借金の減額をするという方法です。

三つ目は個人再生です。住宅ローン以外の借金の総額を大幅に減額する事ができます。自宅や車などの財産を手放すことなく、借金の減額を行う事が出来ます。

そして最後の方法が自己破産です。家や車など20万以上の財産価値があるものは全て処分されて、借金の免除が可能になります。ただし例外として借金の借り入れの際に連帯保証人がいた場合、自己破産で免除になった借金が連帯保証人に対して請求されることになります。そのため自己破産の手続きを売る際にはもう一度書類の確認をしてから行いましょう。

これらの手続きに関して個人で行うのは難しいです。弁護士に委託して裁判所や貸金融業者との間で手続きを開始します。最も手続きとして時間が掛かり難しいのが個人再生です。どの方法でも弁護士に依頼した時点で、一定の費用が発生します。そのため自己破産をするにもお金が必要になります。