債務整理と自己破産

債務整理と自己破産について解説していきます。

自己破産とは

借金の返済に毎日苦しんでいる人が増え続けています。借金をしている人の多くは多重債務者で、いくつもの消費者金融から借り入れを行っています。借り入れした分の返済のために他の消費者金融から借り入れをするのを繰り返していく為、どんどん借金の返済が増えていきます。最終的には毎月の支払いができなくなり、滞ってしまいます。そこで借金の返済苦から逃れる方法として、債務処理という方法があります。

債務処理の基本は借金の総額を減額して、返済計画を見直すための者です。しかし自己破産という方法だけは、借金の返済を全てなくすことができる唯一の方法です。自己破産では財産となる住宅、車など全てを放棄する代わりに借金を全て免除にしてくれます。その代わり自己破産の手続きをしてしまうと、金融機関のブラックリストに載る事になります。その場合自己破産してから5年から10年の期間は銀行からの借り入れが一切できなくなります。

その他にも就職先の制限やクレジットカードが発行できない、新規で携帯の申し込みができない等、日常生活で弊害が生じます。抱えている借金が無くなるメリットばかりが先行してしまい、その後の生活の自由が奪われてしまうという事を理解しておかなければいけません。自己破産は借金返済のための最終方法だと思っておきましょう。

Previous

Next